妻から離婚を切り出されたら返す言葉を解説【修復への4つのポイント】

【PR】 本ブログの記事には広告を含む場合があります。

妻から離婚を切り出されたら返す言葉を解説【修復への4つのポイント】
  • 妻から離婚を切り出されそうな予感
  • 離婚は絶対にしたくない
  • 実際に言われたときの対処法を知りたい

妻の私に対する対応が冷たいし会話もしたがらない、このままでは離婚を切り出されそうだが、絶対に離婚はしたくない。でも実際に切り出されたら、何を言えばいいわからない…と悩んでいませんか。

何の対策もせずにその場を迎えれば、間違った対応をしてしまい離婚を確定させる可能性が高いです。

ここでは適切な対応法や妻との離婚を回避し、修復させるためのポイントを解説しています。本記事を読めば、離婚危機を乗り越え、妻との絆を取り戻せる可能性が高まります。

妻から離婚を切り出されそうな理由

空が青く曇っているイラスト画像と「妻の離婚の本気度には差がある」などの文字

あなたは離婚を切り出されそうなほど、妻との関係が悪化している状況に困惑しているでしょう。同時に「妻が私に対して心を閉ざしている理由がまったくわからない…」と悩んでいるかもしれません。

残念ながら、今まで何も気づけなかったあなただからこそ、妻は強く突き放しているのです。妻が心を閉ざしている原因は、間違いなくあなただといえます。

妻はこれまであなたから傷つけ苦しめられてきたから、あなたを遮断しました。それに気づけなかったあなたは夫として失格であり、妻に苦痛だけを与える存在になっている現実を受けとめましょう。

ひかる
ひかる

今のあなたは夫としての存在価値がないと認めたうえで、具体的な原因と向き合う必要があります。

※ 女性が離婚を決意する理由の詳細は「【離婚を決意した妻の行動と心理】本気の決意の妻と修復する方法を解説」で取り上げています。

妻の夫に対する2つへの想い

今の妻は当然ながら「離婚したい」気持ちと、「離婚したいと思っているのを理解して」という気持ちもあります。

妻が実際に離婚を切り出したとき、あなたに対する言葉が感情的であるほど、しっかり受け止めてほしいと思っているのです。

あなたが、妻の想いに気づかず自分中心の行動をすれば、妻も自分の同様に離婚だけを考えて動きます。よって離婚を切り出されたときは、まずは妻の心を理解することです。

離婚を切り出したときの妻の本気度

妻が次のような状況にて、実際に離婚を切り出したときは本気度が高いといえます。

  • 離婚請求と同時に別居を開始
  • 弁護士が妻を代理して離婚請求
  • 離婚調停を申し立てられた

妻がこれらの状況下で離婚を切り出したのなら、離婚を回避させるのは非常に難しいと言わざるをえません。妻の離婚に対する強い覚悟が見て取れるからです。

ひかる
ひかる

別居し、弁護士をつけて離婚調停を申し立ててくることも多くあり、その場合は高確率で離婚になっています。

妻の本気度が高くても100%離婚となるわけではありません。諦めずに離婚を回避するための行動を起こし続けることです。

妻と離婚したくないなら拒否できる

男性が両手の平を前に突き出している画像と「離婚成立には夫婦の合意が必要」などの文字

妻から離婚を切り出されても拒否できます。たとえ弁護士から離婚請求されようが、離婚調停を申し立てられようが、拒否し続けても大丈夫です。

離婚が成立するには夫婦の合意が必要であり、調停の段階までは、意思に反する強制的な離婚が成立することはありません。

裁判で離婚判決が出れば強制離婚となる

妻が裁判を起こし離婚判決を得た場合は強制離婚となります。裁判所が離婚判決を出すのは、民法770条に規定されている次の5つの事由に該当した場合です。

  • 不貞行為
  • 悪意の遺棄
  • 3年以上の生死不明
  • 回復の見込みがない強度の精神病
  • 婚姻を継続し難い重大な事由

簡単に説明すると、不貞行為とは配偶者以外の異性と性交を行うこと。悪意の遺棄とは、一方の配偶者が家族を完全に放置することです。

「3年以上の生死不明」と「回復の見込みがない強度の精神病」は言葉の通りの意味となります。

婚姻を継続し難い重大な事由の例

最後の「婚姻を継続し難い重大な事由」ですが、何が重大な事由としているのかは、裁判官が個別具体的に判断します。

婚姻の破たんの程度が、客観的に婚姻継続不可能と判断されると離婚判決が出されるのです。

婚姻を継続し難い重大な事由となりえる主な例は、次の通りになります。

  • 暴力を振るう
  • 精神的に虐待する
  • 過度な浪費
  • 限度を越した宗教活動…など

以上のように、あなたが法定離婚事由に該当する行為がなければ、離婚判決は出ないため、強制的に離婚となる事態はありません。

妻との関係が修復されないと意味がない

強制離婚の成立の心配がないからといって、妻からの離婚を拒否し続けるのも現実的はありません。妻があなたとの離婚をずっと求めている状態は、あなたにとって決して幸せではないからです。

あなたは望むのは、妻との関係を修復し家族が幸せに暮らすことだと思います。よって問題を解決させるには妻との関係修復は必須です。

離婚を切り出した妻に対する適切な言葉

夫婦がテーブルで話し合っている姿の画像と

実際に妻から離婚を切り出されても、「離婚には絶対に応じない」と跳ねのけてはいけません。離婚を回避するためには、妻の心に歩み寄る必要があるからです。

妻の話をロクに聞かずに、離婚したくないと拒み続けると、彼女は「夫は自分のことしか考えてない」と絶望します。結果、離婚を回避できる可能性は絶たれるでしょう。

妻から離婚を切り出されたときは、次のような言葉を返しましょう。

「君が僕と離婚したいのはわかった。でもすぐには決められない。まずは僕に対して思っていることを聞かせてほしい」

まずは妻から話を聞きだすことに専念しなければなりません。妻の心の内がわからなければ、離婚を回避させるための適切な行動を何ひとつ起こせないからです。

妻がなかなか話をしない場合の言葉

妻がなかなか話をしたがらない場合もあります。そのときは次のような言葉を伝えましょう。

「離婚したいと言われるほど、僕は君を苦しめたということだね。何も気づかず本当に申し訳なかった。最後だと思って、君が思っていることをすべて聞かせてほしい。」

今の妻が想像する未来にあなたは存在しませんので、妻は自分の気持ちを吐き出しやすい状態です。あなたは妻の気持ちのすべてを受けとめる姿勢が必要となります。

妻の話を傾聴しすべてを受け入れる

ガラステーブルを挟んで夫婦が話し合いをしている画像と「妻の話を聴く際のポイント」などの文字

妻があなたに対する思いなどを話し始めたなら、ひたすら傾聴してください。傾聴とは、相手の話に真摯に耳を傾けて、心を開いて受け入れることです。

傾聴が必要な理由は、妻の気持ちを深く理解するためです。加えて、妻は自分の話をしっかり聴いてもらえると安心し、もっと話をしたくなります。

ひかる
ひかる

あなたはこれまで妻の声をしっかりと聴かなかったからこそ、離婚の淵に立たされているのです。

せっかく妻があなたに自分の気持ちを伝えているのですから、妻の声に耳を澄まし、彼女の心に寄り添いましょう。

感情的になってはいけない

感情に任せて言葉を発してはいけませんし、途中で話を割ってもいけません。妻は感情が爆発してあなたにキツイ言葉を投げかける可能性は十分あります。

あなたが冷静さを失い、感情的になれば妻は心を閉ざしてしまい、それ以上は何も話さなくなります。

妻の気持ちを理解し共感する

妻の話すことに共感をもって聴きましょう。あなたの意見や評価はいっさい要りません。

妻のあなたに対する不満や怒りなどの気持ちを受けとめるためです。妻はなぜ離婚をしたいのか? その理由や経緯など肯定的な興味を示す必要があります。

あなたは「離婚に同意なんてできるはずがない!」と思ったでしょう。確かに離婚には応じられませんが、次の例のように理解や共感はできるはずです。

「君の気持ちを考えないし、いつも自分本位だった僕と、離婚したくなる気持ちはよくわかります。あなたが僕に同じことをすれば、離婚したい気持ちになると思う。本当に僕は夫として失格です。」

あなたの言葉が妻に届くようになるには

以上のように、あなたが妻の心に寄り添い、彼女が抱え込んだ苦しみをともに感じ、それらのすべてを認めて受け入れる。一連のことができて初めて、あなたは妻の気持ちが理解できるのです。

ひかる
ひかる

妻にしっかり向き合えている状況になって初めて、あなたの言葉が彼女に少しずつ届くようになります。

心からの謝罪をする

妻があなたに対する感情をすべて吐き出すことができれば、気持ちはかなり落ち着くでしょう。

妻はあなたに「私の苦しみや悲しみなどを理解しほしい」という欲求が、多少なりとも満たされるからです。妻がこの心境になってから、あなたは謝罪の気持ちを伝えるようにします。

妻を傷つけ大事にできていなかったことを心から謝罪してください。言い訳は一切せず自分の非を素直に認め、誠実に謝罪しましょう。

ひかる
ひかる

謝罪は何度もしてはいけません。妻がバカにされている気分になり逆効果になるからです。

妻に離婚を保留してもらうための言葉

話し合いだけで妻の離婚したい気持ちを変えようとしてはいけません。妻が悩み抜いた上での決断をすぐ覆そうとするのは、彼女の意思を尊重していないことになるからです。

妻との関係修復のためには、まずは離婚を保留してもらうことから始めましょう。そのときの言葉の例は次の通りです。

「あなたとやり直すチャンスをもう一度だけほしい。これから僕を見て判断してもらえないかな? この先は良き夫・父となり、君と子どもをしっかり支えるから」

あなたの変化を感じた妻は、離婚をいったん保留することを了承してくれるでしょう。「夫は本当に変わるかも?」という期待が出てくるからです。

※ 妻との話し合いに関する詳細は「離婚回避に繋げる話し合いのポイントを解説【妻に届く3つの言葉】」で取り上げています。

離婚を回避し妻と修復するため4つのポイント

人差し指を立てているイラスト画像と「自分より家族を第一に考えて神津尾をし続ける」などの文字

離婚を回避し妻と修復するための主なポイントは次の通りです。

個別に内容をお伝えします。

誓約書を差し出す

あなたが妻とやり直したいと切に願うなら、自分が変わる本気度を示すために「誓約書」を差し出しましょう。

誓約書とは契約書の一種であり、夫婦間において一方から他方に差し出す形で約束事を記載した書類です。誓約書に記載すべき主な内容は次の通りです。

  • 作成日
  • 当事者の氏名
  • 事実関係
  • 禁止する行為など
  • 約束を破った場合の罰則…など

事実関係とは浮気や借金など、妻が離婚したいと思っている原因のことです。約束を破ったときの罰則とは「再び浮気をした場合は慰謝料〇〇〇万円を支払います」などの内容です。

罰則事項があることで妻は夫の覚悟がわかるため、あなたを見直す可能性が高まります。

妻に手紙を書いて妻の心に寄り添う

妻に手紙を書くことは、離婚回避および夫婦関係修復するための有効な手段となります。特に妻と別居している状態なら、あなたを救うのは電話やLINEではなく手書きした手紙です。

手紙が妻に心を動かす理由は次の通りです。

  • 冷静に想いを伝えられる
  • 妻の感情に訴えかけやすい
  • 特別感があるため読まれやすい

あなたは今まで妻へ手紙を書いた経験はあっても、1度くらいではないでしょうか。だからこそ手書きで妻への想いが込められた手紙は、彼女にとって特別感があるため心を動かされるのです。

ひかる
ひかる

もちろん単に手紙を書けばいいわけではありません。無神経な内容の手紙は、妻の反感を買い逆効果となります。

※ 妻との関係修復に関する手紙の詳細は「妻が離婚を一旦考え直す手紙のポイント徹底解説【夫婦関係修復へ繋げる】」で取り上げています。

なお妻と関係修復するためには、義両親へも謝罪などの手紙を送ることをオススメします。詳細は「妻の両親(義両親)への謝罪の仕方【手紙や実家に行く場合のポイント】」で取り上げています。

自分の問題点を改める

妻があなたと離婚したい原因は自分の問題点だと捉えましょう。当然ながら問題点は改善し、妻を二度と苦しめさせない自分に変わる必要があります。

誰だって、自分が嫌な思いをさせられる人と一緒にいたいとは思わないからです。自分の問題点の改善なしに、妻との関係修復はいっさい望めません。

ひかる
ひかる

相手の考えを変えたければ、自分のほうから変わることは世の鉄則です。

また妻があなたに対する不満のすべてを指摘したとは限らず、他にも言ってない部分がある可能性があります。自分を深く見つめ直すためにも、あなた自身の問題点を自分で見つけましょう。

※ 自分の問題点を見つける方法は「関係修復きっかけへの第一歩は離婚危機の原因を知ること」で取り上げています。

家族に積極的に関わる

妻にあなたとやり直したいと思わすには、自分より家族をいちばんに考えて行動し続ける必要があります。

あなたも家族の一員ですから、家事育児を率先して行うのは当然のことです。また家族と遊びに出かける、妻の実家に子どもを連れて義両親に会いに行く、など家族hw積極的に関わりましょう。

今までは家族じゃなく自分を優先して過ごしてきました。あなたが家族へ積極的に関わり、プラスになることはすべて行っていくという姿勢を堅持すれば、妻はあなたとの関係修復を望むでしょう。

※ 妻との関係修復についての詳細は「妻との関係修復のやり方を徹底解説【5つのポイントで夫婦の絆を取り戻す】」で取り上げています。

離婚を切り出した妻に対する4つのNG言動

ジャケット姿の男性が腕で×を作っている画像

あなたへ離婚を切り出した妻に対して、絶対にしてはいけない主なNG言動は次の通りです。

これらの言動は離婚の可能性を高める行為となります。個別に内容をお伝えします。

離婚届に署名すること

妻と離婚したくないのなら、離婚届には絶対に署名してはいけません。離婚届に署名すれば、妻が無断で提出する恐れがあるからです。

離婚届に署名させるために、妻は次のようなことを言ってくる場合があります。

「離婚はしないけど、自分の気持ちにいったん区切りをつけるためにも離婚届に署名して」

確かに、そのときは離婚する気がなくても途中で気が変わることはありますし、最初から夫を騙そうとしている恐れもあります。

ひかる
ひかる

双方の離婚意思がない届出は無効ですが、無効にするには裁判所の手続きが必要であり、大変な労力が掛かります。

離婚届不受理申出をする

既に離婚届へ署名してしまった。または妻が署名を偽造し離婚届を出す恐れがある場合は、役所へ離婚届不受理申出をすることで、勝手な離婚届の提出は防げます。

離婚届不受理申出をすると、役所は離婚届を受けつけません。

※ 離婚届不受理申出の書式は、札幌市などの自治体のホームページからダウンロード可能です。

安易に別居をすること

妻に別居を提案してはいけません。冷却期間を置けば妻は冷静になり、離婚を考え直すだろう、という思考は間違っています。妻から別居したいと言われた場合ても、基本的に断りましょう。

別居は離婚につながる可能性が非常に高いからです。実際に、別居した夫婦の82.5%が1年以内に離婚している統計データがあります。(厚生労働省:別居期間別にみた離婚より)

別居が離婚につながり易くなるのは、夫婦関係修復に欠かせない、妻とのコミュニケーションが激減するためです。

※ 別居さけるべき理由の詳細は「離婚したくない場合は別居を避けるべき9の理由【夫婦関係修復のポイント】」で取り上げています。

妻を否定し自分を肯定すること

妻を否定し自分を肯定する言葉は、妻の強い嫌悪感を与えるだけなので、絶対に言ってはいけません。

問題を起こしたのは夫なのに、その責任を自分に押し付けられたことで、妻は離婚の態度を頑なにするからです。

例えば、浮気が原因で妻から離婚を求められているのに、次のように妻を否定し、自分を肯定する男性は多くいます。

「セックスレスにさせた君が悪い」

「俺のことを大事にしなかったからだ」

「いつも子ども優先で俺のことはおざなりだったから」

離婚を回避したいのなら、自分の過ちを素直に認めて心から謝罪することです。妻を説得しようする姿勢では、彼女の心は取り戻せません。

両親に相談すること

妻との離婚回避について両親に相談してはいけません。両親は自分の息子がかわいいが故に守ろうとするからです。

あなたの両親は妻に対して、次のような否定的な言葉で離婚を考え直させようとする可能性が十分あります。

「確かに〇〇さんへ暴力を振るった息子は悪いけど、あなたもずいぶんと反抗的な態度だったから仕方ないわよ。息子も反省しているから離婚は取り下げてね。」

義両親から無神経な言葉を聞いた妻は、「夫の両親とも付き合っていられない!」と感じ、離婚を確定するでしょう。

※ 離婚回避でやっていはけない言動の詳細は「夫婦関係修復でやってはいけない17の言動【妻との修復ポイントは5つ】」で取り上げています。

妻に離婚を切り出されたときの相談先

ノートとペンの画像と「離婚回避や関係修復の相談先」などの文字

妻との離婚回避や関係修復について、誰かに相談したいと思う場合はあるでしょう。もっとも適切な相談先は、実際に妻との離婚を回避できた成功者です。

ひかる
ひかる

過去に離婚を免れた成功者や思考を学び、自身にも取り入れることがもっとも可能性が高い方法といえます。

妻との離婚を回避できた成功者は確実にいますが、簡単には見つからないのはネックでしょう。

次に適切な相談先は夫婦関係修復に特化したカウンセラーです。日本ではカウンセラーの活用する方は少ないですが、欧米では身近な存在です。

ただし夫婦関係修復に特化したカウンセラーは少なく、料金も高めなのがデメリットとして挙げられます。

弁護士に相談するのはNG

離婚回避の相談先として弁護士を選ぶのはNGです。弁護士はあくまで離婚手続きのプロであって、婦関係の修復については専門外だからです。

ひかる
ひかる

夫婦関係の修復は法律を適応して解決できるほど、単純ではありません。

加えて弁護士は攻撃的なイメージもあります。よって夫が弁護士に相談していると妻が知れば、身構えてしまうため逆効果になるでしょう。

※ 離婚回避の相談先の詳細は「妻と離婚したくないときの相談は誰に?【相談OKな人物とダメな人物】」で取り上げています。

妻から離婚を切り出されても冷静に対処しよう

妻からの離婚請求に対する適切な対応法や、妻との離婚を回避し修復させるためのポイントを解説しました。

妻から離婚を切り出されても、慌てず冷静に適切な対処をすれば、離婚を保留してもらえます。

保留してもらった後は、自分の問題点はしっかり改めて、家事育児を主体的に行うなど、積極的に家族に関わりましょう。妻や子どもを第一に考えるようになった夫に、妻の心はきっと動きますよ。

関連記事

離婚回避できた成功事例や失敗事例を取り上げています。

≫ 離婚回避できた方法と成功事例を解説【失敗した悪い事例からも学ぶ】

妻との離婚を回避させる最善の方法

妻から離婚を求められているあなたは、次のような悩みや考えがあるのではないでしょうか。

  • 妻とは絶対に離婚はしたくない
  • 何をしても妻は許してくれない
  • どうすれば離婚を考え直しくれるかわからない
  • 調停になったが、それでも離婚を回避したい
  • 離婚を回避するための確かな方法が知りたい

私も妻から離婚を求められましたが、何をすればいいかわらず絶望の淵にいました。そんなとき妻との離婚を回避するために、最善だと信じられる方法を知れたことで、今も夫婦を続けられています。

あなたが妻との離婚回避に関して悩んでいるのなら、私が取り入れた離婚回避の方法は、きっと参考になると思います。詳しくは下のリンクから確認ください。

≫ 妻との離婚を回避させる最善の方法 ≪