【離婚を決意した妻の行動と心理】本気の決意の妻と修復する方法を解説

【PR】 本ブログの記事には広告を含む場合があります。

【離婚を決意した妻の行動と心理】本気の決意の妻と修復する方法を解説
  • 妻の最近の様子が変わった
  • 私に対する態度が冷たい
  • 離婚を考えている?!

妻の行動が変わった。またはあなたに対する反応が今までと違っている場合は、妻が離婚を決意している可能性があります。あなたは妻の変化にいち早く気づき、適切な対処をしないと離婚することになります。

ここでは離婚を決意した妻の行動と、離婚危機を回避するための重要ポイントなどを解説。本記事を読めば、あなたと離婚したがっている妻の気持ちを修復できる可能性が高まります。

離婚を決意した女性の心理とは

手を顎にあて上目塚をしている女性の画像と吹き出しに「夫別れて人生をやり直したい!」の文字

女性は離婚すると決めたのなら迷いません。離婚をためらっている期間が長くても、気持ちをスパッと切り替え、振り返ることなく離婚に向けて準備を進めます。

縛られた状況から脱出できるため新たな人生への希望が湧き、「夫から早く解放されたい、自由になりたい」という気持ちでいっぱいです。

ひかる
ひかる

妻が離婚を求めてきた時点で、あなたに対する気持ちは限りなくゼロに近いでしょう。

離婚に一抹の不安もある

ただし妻の潜在意識には、あなたに対する情がわずかに残っていたり、不安や将来への恐れがあったりします。例えば、離婚後の経済的な不安や子どものことなどが典型です。

妻の離婚の決意を揺るがすカギは、「今の夫といる方が私や子どもは幸せになれるかも」と思わせることです。しかし妻に、あなたとの明るい未来を想像してもらうのは簡単ではありません。

離婚危機の状況に適切な対処をして、あなた自身を大きく変わることが絶対条件となります。実際に離婚危機へ陥った際の対処の仕方は「離婚を決意した妻の行動についての対処法」の欄で取り上げます。

妻が離婚を決意する理由

思いつめている女性の画像と「妻は夫の何が嫌で離婚を決意する?」などの文字

妻が離婚を決意する主な原因を取り上げます。妻が離婚調停を申し立てた理由ランキングは次の通りです。(婚姻関係事件数 申し立ての動機別 司法統計 令和2年より)

  1. 性格が合わない
  2. 生活費を渡さない
  3. 精神的に虐待する
  4. 暴力を振るう
  5. 異性関係
  6. その他
  7. 浪費する
  8. 家庭を捨てて省みない
  9. 性的不調和
  10. 家族親戚と折り合いが悪い
  11. 酒を飲み過ぎる

あなた自身も思い当たるふしが何かあるのではないでしょうか。上位5つの内容について解説します。

第1位 性格があわない

妻が離婚調停を申し立てる動機として、昔も今も一番に多いのが「性格があわない」です。夫側でも変わりはありません。

ひかる
ひかる

突き止めていくと、すべてが「性格があわない」という理由に含まれているのではないか、と私は考えます。

浮気などの具体的な理由で離婚を求めても、元は「性格があわない」ことが原因で問題行為をした可能性が十分あるからです。 夫婦はもともと赤の他人であるため、性格があわないのは当然であり、それをわかった上で結婚しています。よって「性格があわないことが受け入れがたくなった」が正確な表現です。

また離婚調停の申し立て動機は複数に〇を記入できます。「性格があわない」に加えて「異性関係」などの複数の理由を選択している可能性が、非常に高いといえるでしょう。

第2位 生活費を渡さない

「生活費を渡さない」は、2009年頃までは5番目前後の理由でしたが、2013年以降はずっと2位であり、割合も増加傾向です。

十分な収入があるのにもかかわらず、生活費を渡さない経済的DVを行う男性が多いのは昔も変わりません。加えて近年は夫の収入が少ないことで、離婚を決意する女性が増えています。

ひかる
ひかる

女性の目線はやはりシビアです。日々の生活を安定させて安心して暮らしたい、という現れでしょう。

妻の離婚したい理由がお金だけであれば、離婚回避は難しくありません。バイトをするなり副業をするなりして、収入を増やせばいいだけだからです。

第3位 精神的に虐待する

「自分の妻なのだから何を言ってもいい」という間違った思考で、精神的な嫌がらせを続けた結果、離婚される男性は多いです。

夫による精神的な制圧や恐怖を超えて妻が、離婚を求めたということは、すでに断固とした態度を決めているといえるでしょう。

第4位 暴力を振るう

夫からの暴力を離婚理由にする女性は、2011年から減少し続けていますが、まだ多くの女性が苦しんでいるのが現状です。

交際中は優しかったのに、結婚すれば豹変する男性が多くいます。仕事などのストレスを妻への暴力で発散する、酒に酔った勢いで手を出す男性は多くいます。

自分への暴力はまだ耐えられても、対象が子どもに向かう、または子どもの前で振るわれることが、離婚の決め手になる場合もあります。

第5位 異性関係

妻は夫に浮気をされると「自分は大切にされていない」「女性としての魅力がない」などの屈辱を感じます。

妻の怒りは、浮気されたこと自体はもちろんですが、プライドをズタズタに傷つけられたと感じることも大きな要因です。

私は女性として劣っている、浮気相手と比べられた、などと感じ、「夫にバカにされた!」という辱めの気持ちでいっぱいです。当然ながら離婚に向かわせる原因となります。

離婚を決意した妻の代表的な行動

WARNINIGと書かれたポップと差し棒の画像と「よくある離婚の兆候7選」の文字

離婚の兆候ともいえる主な「離婚を決意した妻の行動」は、次の通りです。

該当する数が多いほど、妻は既に離婚を決意しているでしょう。個別に内容をお伝えします。

会話が極端に減った

離婚を決意した妻は夫と会話をするのを嫌がります。会話するのがストレスとなり、感情的な重荷となるからです。

必要性がない限りは妻から話しかけないし、こちらから話しかけても会話をすぐに切ろうとするでしょう。嫌悪感のせいで目を合わさないケースもよくあります。

以前は妻から話しかけていたが、最近は自分からしか会話していない…。そう感じるなら、妻の離婚の決意はともかくとして、あなたへの気持ちは間違いなく冷めています。

笑わなくなった

離婚を決意した妻は夫と過ごす時間は苦痛ですし、少なくとも楽しいという感情はありません。

つまらないことでも笑い合っていた頃とは違い、何を言っても妻は無表情で笑わなくなったのです。

今までなら絶対に笑っていた場面でも妻の反応が薄いのなら、あなたと同じ空間が妻の笑顔を奪ったといえるでしょう。それほどあなたの存在は妻にとってマイナスなのです。

ため息が多くなる

笑わなくなったという流れからも想像できるでしょうが、妻は離婚したいと思っているあなたと一緒にいるとため息が出ます。あなたといても楽しくないし、ツマラナイからです。

あなたは妻がため息ばかりをついている原因を深く考えずに、単に家事や育児で疲れているのかな? と思っていませんか。あなたが妻の心が見えていないからこそ、離婚したいと思われるのです。

スキンシップを拒絶される

愛情がなくなり嫌悪感を抱いている夫と、スキンシップをとりたくない、という妻の感情は当然のことだといえます。場合によっては、夫を汚いとさえ感じるのです。

妻がいきなり寝室を分けたいと言ってきた場合は、あなたからスキンシップをとられるのを警戒しています。

ひかる
ひかる

性交渉はおろか、ちょっとしたスキンシップを拒むようになれば、妻はあなたを生理的に受けつけません。

夫を拒絶している状態だと気づかず、もし無理に妻を抱き寄せようとすれば、妻はあなたを突き放し強く蔑むでしょう。

実家によく帰る

妻が離婚を考えたとき、夫とはできるだけ距離を置こうとします。あなたが家にずっといる休日などは、実家へ行ったり、友達と会ったりして、夫と一緒にいる空間を作りません。

実家に帰っている頻度が多い場合は、両親へ離婚後のことを相談している可能性が十分あります。両親も娘が夫に苦しめられているのを知れば、あなたとの離婚を勧めるでしょう。

不満をよく口にする

ある日から妻が夫の不満をよく口にするようになれば、離婚を考えているひとつのサインだと捉えられます。または夫に悪いところを直してほしいという妻の意思表示である可能性も高いです。

今までは妻から不満を言われることは少なかったのに、急に多くなったのなら、今すぐにその不満点を改善する必要があります。

ひかる
ひかる

もしあなたが何も対処しなければ、妻の不満と離婚をしたい気持ちはどんどん増える一方でしょう。

家事が疎かになる

あなたとの離婚を決意したのなら家事は疎かになります。夫が安らげる場所にしてあげたい、という妻の気持ちがなくなるからです。

今までは部屋はキレイに片づけられ、食事もきちんと用意されていたのが、すべてが手抜きになり乱雑な状態になる。妻は多かれ少なかれ離婚を考えているでしょう。

本気で離婚を決意した妻の行動

机に鍵と婚約・結婚指輪が置かれている画像と「離婚回避が困難な3つの状況」の文字

妻の離婚への本気度が高い行動は次の通りです。

これらは妻の離婚の決意が固い行動であり、離婚を回避させる難易度は非常に高いでしょう。個別に内容をお伝えします。

別居を本格的に始めた

妻が本格的に別居を始めた場合は、離婚に向けていよいよ本格的に動き出したと考えられます。本格的に離婚を想定し準備を進める、または夫に離婚を強く意識させるためです。

夫が家庭における主たる収入元であれば、別居中の生活費を払う義務があります。別居にプラスして妻が生活費を求めれば、夫は離婚へ追い詰められます。

ひかる
ひかる

家には妻や子どもたちがいないのに、夫は生活費を払い続ける状況に陥るからです。

別居後によくある流れ

別居後は、この後にお伝えする「弁護士を代理人にたてる」「離婚調停を申し立てる」という流れになり易いです。よって離婚を回避させる可能性を高めるには、別居された後の適切な対処が迅速に求められます。

夫は自分が置かれた状況に絶望するため、そのタイミングで妻が離婚を求めれば応じる流れになりやすいでしょう。妻が意図的にその状況を狙っている場合もよくあります。

※ 実際に妻が別居を開始した場合の詳細は「【妻が出て行ったが離婚したくない!】関係修復させるための7つのポイント」で取り上げています。

弁護士を代理人にたてた

お伝えした通り、別居後に弁護士が妻を代理して、夫へ離婚請求する流れは多くあります。弁護士が代理人になれば、妻と直接やりとりができず、すべて弁護士を通さなければなりません。

離婚回避の重要な要素である、妻とのコミュニケーションが非常に取りにくくなるため、離婚回避できる可能性が大きく下がります。

ひかる
ひかる

多額の費用が必要なのに弁護士へ依頼することは、それだけ妻の離婚に対する本気度が高いという現れです。

離婚調停を申し立てた

離婚調停を申し立てる行為は非常に精神的に負担がかかる行為といえます。家庭裁判所という非日常的な場所で、第三者を交えて離婚というネガティブな話し合いをするのは普通なら避けるからです。

多大なストレスかかる離婚調停を選んだ時点で、妻の覚悟は相当固いといえます。実際に、離婚調停を申し立てられた後の修復は稀です。

弁護士をつける可能性が高い

離婚調停を申し立てる多くの妻は弁護士をつけています。裁判所が公表の「家庭裁判所における家事事件の概況実情等」によると、令和2年においては申立人の55.7%が弁護士をつけています。

妻が弁護士をつけると離婚回避はより困難になります。

調停委員から離婚を勧められる

離婚調停は夫婦の間に調停委員が入ります。調停委員も夫婦を修復させるのは難しいとわかっています。よって早く解決できそうな離婚の方向性で傾きがちです。

妻が弁護士をつけている場合は、さらに離婚を受け入れるように強く説得されます。調停委員は申立人の離婚意思は固いと判断するからです。

以上のように、妻から離婚調停を申し立てられると、非常に難しい状況であるのは間違いありません。最善を尽くしても離婚を回避できない結果に終わる可能性は高いでしょう。

離婚を決意した妻の行動についての対処法

子どもと両親の影が芝生に映っている画像と「関係修復の重要ポイント」の文字

妻が離婚をいったん決意すれば、回避してもらうのは簡単ではないのはお伝えした通りです。しかし適切な対処をすれば、妻との関係を修復できる可能性はあります。

妻の心が離婚以外に余地がない場合は離婚を免れるのは無理です。しかし妻に夫への情が少しは残っていたり、離婚による子どもの影響を不安に感じていたりすれば、修復のチャンスは残っています。

妻との関係修復するための重要なポイントは次の通りです。

個別に内容をお伝えします。

妻の心が離れた原因を知る

妻はあなたに対する怒りや不満が限界を超えたからこそ、離婚を決意しました。妻に離婚を考え直してもらうには、あなたのどんな言動が彼女を苦しめたのかを知り、改善させることは絶対です。

苦痛な存在でしかないあなたと、妻はこの先も夫婦を続けたいとは当然ながら考えていません。離婚を回避したいのなら、今のあなたを大きく変える必要があります。

自分を変えようと必死に努力すれば、その姿は妻の目に止まります。変わり始めようとするあなたに妻は心を少しずつ開くでしょう。

※ 妻の心が離れた原因を知る方法は「関係修復きっかけへの第一歩は離婚危機の原因を知ること」で取り上げています。

心からの謝罪をする

妻のあなたに対する怒りや不満がわかれば、当然ながら謝罪の言葉がでてくるはずです。謝罪の際は言葉だけではなく、目や表情、態度にも真摯な反省の気持ちをこめて伝えましょう。

もしあなたが妻に対して「苦しい思いをさせてゴメン」と、無表情で伝えたとします。あなたの謝罪の気持ちは妻には1ミリも伝わりません。たとえ本当に心の底から後悔していてもです。

本当に謝罪の気持ちを届けたいのなら、妻の目を見て「申し訳なかった。後悔している」という気持ちを全身で伝えましょう。

ひかる
ひかる

謝罪はその場で何度もすると、妻は「バカにされている?」 などと捉えるため逆効果です。2.3回が適切です。

妻の話を傾聴する

妻と会話ができる状態なら「傾聴」の姿勢が重要となります。傾聴とは、相手の話に真剣に耳を傾けて理解をしようとすることです。単に耳を傾けるだけではなく、相手の気持ちや意図にも気を配る必要があります。

傾聴する目的は妻の素直な気持ちを知るためです。妻の心の内がわからなければ、いつまで経っても妻の心に寄り添えません。

あなたは妻の声にしっかり耳を傾けてこなかったからこそ、彼女は心を閉ざしました。妻と話し合いができる絶好の機会ですので、妻の言葉をしっかり受け止めて、彼女の心に寄り添いましょう。

※ 妻との話し合いに関する詳細は「離婚回避に繋げる話し合いのポイントを解説【妻に届く3つの言葉】」で取り上げています。

手紙で真摯な気持ちを伝える

あなたの妻に対する想いを手紙で伝えることは非常にオススメできます。あなたの誠意が伝わりやすく、妻の頑な心が和らぐからです。

「今の時代に手紙? LINEのほうが適切なのでは?」との疑問をもったかもしれませんが、間違いなく手紙のほうがいいでしょう。

ひかる
ひかる

想いを液晶の画面で伝えるより、温かみのある手書きの文章のほうが絶対に、妻の心へ届きやすいからです。

あなたは今までに妻へ手紙を渡したことがない、または1度だけではありませんか。だからこそ手書きの手紙は、夫が自分のために時間をかけ心をこめて書いたものだから、妻にとって特別なものになるのです。

手紙が困難な状況を救う

手紙は妻との会えない状況における離婚回避の数少ないツールとなります。修復が特に困難である離婚調停の段階でも、夫が妻に手紙で気持ちを伝えたことで修復に成功した事例があります。

※ 離婚回避の成功事例は「離婚回避できた方法と成功事例を解説【失敗した悪い事例からも学ぶ】」で取り上げています。

手紙に書く内容

妻の心を動かす手紙は次の通りです。

  • 心をこめて丁寧に書く
  • 謝罪は最初と最後の2回だけ
  • 妻を肯定し感謝を伝える
  • 妻が望む未来を提示する

特にポイントとなるのが、「妻を肯定し感謝を伝える」「妻が望む未来を提示する」です。

妻に離婚を切り出された今、妻があなたに対してどれだけ尽くしてくれたか、そのありがたみを痛感しているはずです。妻への感謝の気持ちをしっかり届けましょう。

妻への手紙に関する詳細は「妻が離婚を一旦考え直す手紙のポイント徹底解説【夫婦関係修復へ繋げる】」で取り上げています。

また妻だけではなく義両親にも手紙を送ることをオススメします。詳しくは「妻の両親(義両親)への謝罪の仕方【手紙や実家に行く場合のポイント】」で取り上げています。

変わった姿を見せ続ける

妻を苦しめたあなたを大きく変えるしか、離婚したい妻の気持ちを動かすことはできません。相手を変えたければ自分のほうから変わることは世の鉄則だからです。

妻に嫌われたあなたの問題点を改めるのは当然であり、加えて率先して家事育児を行う必要があります。手伝う姿勢ではなく主体的に行いましょう。

今まであなたは自分の都合だけで過ごしてきました。家事育児などを通じ家族に積極的に関わることで、妻は「今の夫なら私や子どもは幸せになれるかも」と離婚を考え直しはじめます。

感謝の言葉を伝え続ける

あなたは妻に「ありがとう」などの感謝の言葉を日頃から伝えていましたか。おそらく伝えていなかったでしょう。

妻は何も労ってくれない夫に、「私は単なる家政婦なの…」などのやるせない気持ちになっています。妻は感謝してほしい、自分の存在を認めてほしいのです。

妻がやっていることは当たり前ではありません。妻への感謝の気持ちをしっかりと言葉にして労いましょう。

改めた自分をやめないこと

あなたが大きく変わった姿を見せ続ければ、妻の態度は軟化してあなたに心を開けるようになります。だからといって元のあなたに戻るのは絶対にNGです。

元に戻れば、妻はこの人は絶対に変わらないと判断し、離婚を確定させるでしょう。

なお夫婦関係修復でやってはいけない言動の詳細は「夫婦関係修復でやってはいけない17の言動【妻との修復ポイントは5つ】」で取り上げています。

以上が夫婦関係を修復するための重要ポイントとなります。夫婦関係修復の詳細は「妻との関係修復のやり方を徹底解説【5つのポイントで夫婦の絆を取り戻す】」で取り上げています。

妻が離婚を決意しても修復はできる

黒板のイラスト画像と「離婚を決意した妻の行動と心理及び修復方法」の文字

離婚を決意した妻の行動と、離婚危機を回避するための重要ポイントなどを解説しました。

あなたの妻が離婚を決意したときにおける行動パターンに、少しでも当てはまっていれば、今すぐ回避のための対処をしましょう。

お伝えした修復方法で妻の苦しみにしっかり向き合い、彼女の心に寄り添えれば、離婚は回避でき仲睦まじい夫婦に戻れます。

関連記事

妻との離婚回避は手遅れか否かを解説しています。

≫ 妻との離婚回避は手遅れ!?判断基準と夫婦関係を修復する7つのポイント

妻との離婚を回避させる最善の方法

妻から離婚を求められているあなたは、次のような悩みや考えがあるのではないでしょうか。

  • 妻とは絶対に離婚はしたくない
  • 何をしても妻は許してくれない
  • どうすれば離婚を考え直しくれるかわからない
  • 調停になったが、それでも離婚を回避したい
  • 離婚を回避するための確かな方法が知りたい

私も妻から離婚を求められましたが、何をすればいいかわらず絶望の淵にいました。そんなとき妻との離婚を回避するために、最善だと信じられる方法を知れたことで、今も夫婦を続けられています。

あなたが妻との離婚回避に関して悩んでいるのなら、私が取り入れた離婚回避の方法は、きっと参考になると思います。詳しくは下のリンクから確認ください。

≫ 妻との離婚を回避させる最善の方法