離婚したくない場合は別居を避けるべき9の理由【夫婦関係修復のポイント】

【PR】 本ブログの記事には広告を含む場合があります。

離婚したくない場合は別居を避けるべき9の理由【夫婦関係修復のポイント】
  • 妻と別居した方が離婚を回避できる?
  • 関係修復には別居による冷却期間は有効?
  • 妻に出ていけと言われたなら従うべき?

あなたは妻との離婚を回避するために別居を検討しているのなら、原則やめるべきです。別居すれば復縁できずにそのまま終わる可能性が高いからです。

ここでは別居は原則的に避けるべき理由や例外的に別居をすべき場合、別居をせずに夫婦関係を修復する方法などを解説。

本記事を読めば、間違った別居の選択を避けられるため、離婚回避できる可能性が高まります。

別居したら終わりになる可能性が高い理由

離婚届と夫婦が別々の方向に歩く人形の画像と「安易に別居すればそのまま離婚数になる確かな理由」などの文字

妻に自分の存在を無視されている、または過去の浮気がバレて怒り狂った妻にキツイ言葉でなじられる…。

妻から離婚を求められたうえ、精神的にとても厳しい状況だからからしばらく逃げ出したい。または別居して距離を置けば、妻の怒りも収まり離婚を考え直してくれるかも…と思う気持ちはよくわります。

しかし冒頭でもお伝えした通り、離婚を回避して妻との関係を修復したいのなら、原則的に別居をしてはいけません。次の理由があるからです。

個別に内容をお伝えします。

別居した夫婦の82.5%が1年以内に離婚

厚生労働省が公表している「別居期間別にみた離婚」を見れば、別居した夫婦の82.5%が1年未満で離婚しているのがわかります。

別居1年未満で離婚した夫婦は、30代が一番に多く次いで20代です。別居の全期間では約70%と離婚しています。

「別居すれば終わり」といわれるのも、短期間での高い離婚率が裏付けにあるからでしょう。高い離婚率がある以上、安易に別居することは絶対に避けなければなりません。

妻とのコミュニケーションが激減する

別居は夫婦関係の修復に欠かせない、コミュニケーションをとる機会が激減するため離婚に繋がりやすくなります。妻とコミュニケーションがなければ、あなたの変化を妻に見てもらないからです。

例えば、あなたはこれまで仕事ばかりで家事育児はまったくせずに過ごしてきた。そんな自分を改めて洗い物や洗濯、子どもたちの世話を積極的にしたとしましょう。

ひかる
ひかる

以前とは変わりつつある夫を見た妻は、離婚はいったん保留して引き続き様子を見ようと、態度を軟化させます。

しかし別居をすれば、自分の変化を何も伝えられないため、妻に与える影響は何ひとつ作れません。結果、高確率でそのまま離婚となります。

問題を解決しようとしない夫に失望する

あなたが安易に別居してしまえば、妻は「夫は私から逃げている。夫にとって私の存在はいったい何?」と失望します。妻はあなたがいない間に、本格的に離婚を進めるでしょう。

妻が夫に失望するのは、本来なら問題解決に向けて必死に動く必要があるのに、楽な別居を選んだからです。

たとえ妻から「家から出ていけ!」と迫られても、本当に出ていき別居をしてはいけません。まずはあなた自身で問題を解決するため、妻に話し合いを求めるなど、何らかの行動が必要なのです。

お伝えした通り、あなたが過ちを改め、自分を必死に変える行動を続ければ、離婚回避のチャンスはあります。よって今の状況がどんなに辛くいたたまれなくても、逃げずに妻と向き合いましょう。

別居は両親など外部の影響を受けやすい

夫婦が別居状態だと関係者が知れば、その知った人物から離婚をすすめられる可能性があります。

特に妻の両親が知れば、「そんな男とはもう別れて帰ってきなさい」と離婚をすすめるでしょう。親とすれば娘が傷つけられた姿を見れば当然でてくる感情だからです。

ひかる
ひかる

義両親から娘へ離婚を後押しされ、離婚を決断する例は多くあります。

※ 離婚危機における義両親への対応の詳細は「妻の両親(義両親)への謝罪の仕方【手紙や実家に行く場合のポイント】」で取り上げています。

妻から別居の申し出は離婚目的が多い

妻からあなたと別居したいと言われても、基本的に受け入れてはいけません。妻は離婚を成し遂げるために別居する可能性が高いからです。

令和3年に法務省から公表された「協議離婚に関する実態調査結果の概要」に、離婚した夫婦の別居に関する次の記述があります。

「Q13.あなたが離婚を決意したのはいつですか。」という問いに対し、40.9%(176/430)が、別居する前と答えています。

妻が離婚の意思を持っている場合、実際に別居されると離婚回避できる可能性は限りなく低くなるでしょう。お伝えした通り、妻とのコミュニケーションが激減するからです。

別居が長期化すると法定上の離婚原因となる

長期の別居は法定上の離婚原因となります。民法770条1項1号では、離婚原因として「その他婚姻を継続し難い重大なあるとき」と定めており、長期の別居はそれに該当します。

別居は、夫婦が共同生活を営むことができなくなった現れです。よって別居期間が長くなるほど、婚姻関係が破綻したと認められやすくなります。

ひかる
ひかる

一般的には、別居期間が5年以上になると婚姻関係が破綻していると判断される可能性があります。

妻とはずっと別居状態でもいつかは復縁できればいい、という考えは残念ながら通用しません。

離婚を受け入れる可能性が高まる

あなたがどれだけ妻との離婚の意思がなくとも、別居すれば離婚を受け入れる可能性があります。新しい生活に慣れてしまい、妻との関係修復に向けての意欲が低下する可能性があるからです。

加えて、別居期間中は妻と子どもの生活費、つまり婚姻費用を払い続ける法律上の義務があります。

妻との関係修復はまったく進展しないのに、婚姻費用だけを払い続ける現実が嫌になり、離婚を受け入れる男性は多くいます。

ネガティブな影響を及ぼす恐れがある

別居すると孤独や不安などの感情が強くなり、精神的な負担が大きくなる可能性が高まります。

妻と子どもがいない寂しさに加え、妻の行動が見えない不安が重なると、メンタルに支障をきたしてもおかしくありません。

メンタル不調は自身を苦しめ、不安や恐れの感情に支配されるため、夫婦関係修復にネガティブになり諦める恐れがあります。

夫婦別居の状態は子どもに影響を与える

夫婦に子どもがいる場合、別居は子どもに大きな影響を与える可能性があります。両親の別居は、子どもの成長に不可欠な「家庭の構造」を失うからです。

両親の一方がいないことによって、子どもは不安や孤独感、怒りなどの負の感情が強くなります。結果、精神的トラブルを抱える可能性が高まり、ひきこもりや登校拒否などの悪影響を及ぼす恐れがあるのです。

妻が元気のない子どもを見て、こんな事態になったのもすべて夫が悪い、などと強い怒りをもつ恐れがあります。到底、夫婦関係修復なんて望めません。

以上のように、別居は離婚回避と子どもに悪影響を及ぼすリスクがあります。

別居するメリットあるのは確か

玄関のドアの画像と「実際に夫婦が離れて暮らすことで妻が夫の良さがわかることもある」の文字

ここまで別居が離婚につながる理由をお伝えしましたが、別居すれば確実に離婚に至るわけではありません。別居状態から関係を修復した夫婦は、割合的には低いですが実際にいます。

別居には「離れることで冷静さを取り戻せる」「夫の存在の大切さに気付くきっかけになる」という効果があるからです。

離れることで冷静さを取り戻せる

別居を考えるほどに夫を嫌っているときの妻は、ストレスが溜まって精神状況が最悪です。

別居して夫と距離を置けば、妻はストレスが軽くなり心の余裕が生まれ、自分と夫の関係を冷静に見つめ直すことができるのです。結果、夫と今後についての話し合いをして離婚回避をする場合もあります。

夫の存在の大切さに気付くきっかけとなる

実際に別居して夫が家にいない日々を過ごすことで、妻は夫の存在の大切さに気付くことがあります。

例えば、夫は家事育児に協力的ではないと思っていたが、実は多くのことをやっていた。そして何よりも自分の悩みの相談など、夫による精神的なサポートがあって助けられていたことに気づいた。

例のように、夫が日常に欠かせない存在だったと気づけば、妻は関係修復するための行動をとるでしょう。

以上のように別居するメリットは確かにあります。しかし別居は離婚につながる可能性が高い現実がある以上、安易な別居は避けるべきです。

妻から何度も別居を求められているなら

家を隔てて人形の夫婦が座っている画像と「離婚を回避するには妻の心に寄り添うことを最優先にする」などの文字

妻から1.2度ならず何度も別居を求められているのに、断固拒否し続けても離婚は回避できません。

妻にとって、あなたと一緒に生活する日々が続くのは、苦痛からずっと逃れられないことを意味するからです。当然ながら妻は強制的に離婚の準備を進めるでしょう。

ひかる
ひかる

別居を拒み続けて最終的には離婚されるくらいなら、あなたが自ら別居を提案するのもひとつの選択肢です。

妻の心に寄り添わずして離婚は回避できないため、妻の求める通りに別居をすることで、彼女の気持ちが落ちく可能性は高まります。

別居する際のポイント

別居に際してのポイントは次の通りです。

  • 期限を決めておく
  • 定期的に連絡をとる
  • なるべく近くに住む
  • 育児に関する協力体制を作る

特に重要なのは期限を決めておくことです。無期限にするとそのまま離婚する流れになります。

育児に関して、別居すると妻に大きな負担がかかることは、あなたが一部担当しましょう。協力体制を築くためにも近くに住む必要があります。

別居せずに夫婦関係を修復する5つのポイント

人の人差し指の画像と別居せずに夫婦関係を修復する5つのポイントの箇条書き

ここからは別居せずに、妻との関係を修復するためのポイントをお伝えします。ポイントは次の通りです。

個別に内容をお伝えします。

夫婦関係修復に疲れないためにも焦らない

妻との関係修復を焦ってはいけません。道のりは簡単ではなく、長い時間が必要になる認識をもちましょう。妻のあなたに対する信頼は離婚を求められるほど落ちています。

地に堕ちた信頼を回復するには、これから先あなたが適切な方法で、妻との関係修復に向けて行動しても多くの時間が必要です。次のように妻は思うからです。

「態度を改めているけど今だけでしょ?」

「夫が今さら何をしても白々しい」

失った信頼を取り戻すには時間が必要

妻はどんなに大きく変わった夫の姿を見ても、猜疑心にさいなまれます。もういちど夫を信じたものの、再び裏切られ傷つくのを恐れているから、すぐには夫を信じられないのです。

妻から失った信頼を取り戻すには時間がかかります。妻が「夫は本当に変わった」という確信ができれば、妻はあなたを許し歩み寄るでしょう。

ひかる
ひかる

事態がまったく進展しない…と疲れないためにも、焦らずじっくり関係修復に取り組みましょう。

離婚を求められている原因を突き止める

妻との離婚を回避し関係修復するには、これまでのあなたを深く見つめかえすことは必須といえます。妻にとってあなたが良き夫なら、離婚危機にはなっていないからです。

浮気などのハッキリした原因があっても、その他にも妻の夫に対する不満は多くあります。あなたへの我慢の限界を超えたから離婚を求められているのです。

妻との離婚を回避するには、これまでの自分を改めて変わることが必須となります。自分を改めるには、妻があなたのどういった言動で苦しんできたのかを細かなことまで知る必要があります。

妻の言葉を傾聴する

妻と話し合いができるのなら「傾聴」の姿勢が何よりも大事です。傾聴とは耳や目、心を傾けて真摯な姿勢にて相手の話を聴くことです。

妻の心の内がわからなければ、いつまで経っても妻に寄り添えません。あなたはこれまで妻の声を適当に流してきたからこそ、彼女は心を固く閉ざしています。

妻と話し合いができる絶好のチャンスなので、妻の声に耳をすまし、彼女の心の苦しみに寄り添いましょう。

妻の心の苦しみに共感する

妻があなたと離婚したい理由や、いきさつなどを肯定的な関心をもって聴きましょう。あなたの意見や評価は要りません。

ひかる
ひかる

離婚にはもちろん同意できませんが、妻のあなたに対する不満などは理解や共感はできるはずです。

例えば、「自分勝手で無神経な男と離婚したくなるのは当然です。反対の立場なら同じく離婚を求めると思う。本当に俺はバカな男です」みたいに共感や理解を示す必要があります。

妻が話すことに対し、共感や理解をする姿勢をとり続ければ、妻のあなたに対する負の感情は少しずつ緩和されるでしょう。妻は自分の話をしっかり聞いて貰えている、という安心感をもたらすからです。

※ 妻との話し合いに関する詳細は「離婚回に繋げる話し合いのポイントを解説【妻に届く3つの言葉】」で取り上げています。

感謝の気持ちを伝え続ける

離婚を求められる世の男性の多くは妻に感謝の言葉を伝えられていません。あなたは妻に対して感謝の言葉を伝えていましたか? おそらく伝えていなかったか、不十分だったはずです。

最初の頃は伝えられていた感謝の言葉もいつの間にか、やってもらって当たり前な傲慢な考えを持つようになったのです。あなたに何も感謝されない妻は、当然ながら不満が溜まっています。

ひかる
ひかる

今まで妻があなたや家庭にしてくれたことを思い返してみてください。たくさん感謝することがあるはずです。

感謝はハッキリ言葉にしないと伝わりません。妻の目を見て心をこめて「ありがとう」と伝えましょう。

あなたの感謝の気持ちが伝わり続ければ、妻の心は段々と晴れるでしょう。

手紙で妻への想いを伝える

妻に離婚をいったん考え直させる方法として、手書きの手紙であなたの想いを伝えるのは非常に有効です。あなたの妻に対する気持ちがまっすぐ伝わりやすいため、彼女の心に響くからです。

あなたは今どき手紙? LINEのほうがいいのでは? と思ったかもしれません。しかしLINEやメールは無機質な印象を与えるので、あなたの気持ちが正しく伝わりにくいです。

あなた想いをこめて手書きした手紙は、妻にとって特別感があるのでLINEなどと比べて断然に妻の心に届きやすいです。

ひかる
ひかる

しかし無神経な手紙は妻の反感だけを買い、むしろ離婚に向けアクセルを踏むのでご注意を

※ 妻に対する手紙の詳細は「妻が離婚を一旦考え直す手紙のポイント徹底解説【夫婦関係修復へ繋げる】」で取り上げています。

※ 夫婦関係の修復に関する詳細は「妻との関係修復のやり方を徹底解説【5つのポイントで夫婦の絆を取り戻す】」で取り上げています。

離婚したくないなら絶対NGである5つの言動

NGと書かれたボード持つ手の画像と夫婦関係修復に関するNG言動の箇条書き

離婚を回避したいのなら、妻に対して次の5つの言動は絶対にNGです。

箇条書きの言動はよくやりがちですが、マイナスにしかならず離婚に近づくばかりです。個別に内容をお伝えします。

離婚危機の状態を放置

今のあなたは妻と口をきいて貰えない、またはキツイ言葉で突き放される状態ではないですか。針のむしろに座る気分でしょうが、黙って落ちこんでいても状況は悪化するばかりです。

妻は夫に苦しめ続けられたからこそ離婚を口にしました。それなのに夫は何も対処せずに放置されることで、妻は「夫にとって私の存在はいったい何?」と虚無感に包まれます。

ひかる
ひかる

ほんのわずかに残された夫への期待も絶たれ、妻は離婚を確定させるでしょう。

離婚後の生活不安を理由に引き留める

離婚後の経済力の低下による生活不安を理由に、妻を引き留めようとする男性は多いですが、妻がもっとも反発する言葉です。

妻は離婚すれば今より経済的に苦しくなるのは百も承知。それでも夫がいないほうが幸せになれると判断したのです。よって経済的な不安を煽っても妻の強い怒りしか買いません。

子どもを理由に離婚を引き留める

妻に対し、「離婚は子どもに悪影響を与えるから考え直してくれ」などと、子どもを理由に離婚を引き留める男性は多いです。しかし妻が離婚を考え直す理由にはなりません。

そもそも妻は子どものことを悩みぬいた上で離婚を決断したため、母親ひとりで子どもを育てる覚悟はできているからです。

ひかる
ひかる

子どもをカードにして離婚を引き留めようとする夫を、妻は軽蔑するでしょう。

子どもを理由にするのではなく、あなた自身がどうしたいのかを妻は一番に知りたいのです。

 離婚届に署名する

妻から「離婚はする気はないけど、保険として離婚届に署名してほしい」などと言われても、絶対に応じてはいけません。

妻は嘘をついているかもしれないし、嘘じゃなくても途中で気が変わる恐れがあるからです。

離婚の意思が合致しない届出は無効ですが、そのような離婚届でも役所がいったん受理すると、簡単には無効にできません。無効にするには、裁判所の手続きが必要になり、大変な労力が掛かります。

弁護士に対応を依頼すること

弁護士に離婚回避や夫婦関係修復の相談や依頼すると、逆効果になる可能性が十分にあります。弁護士は離婚に関する法律のプロであって、夫婦関係修復に関しては専門外だからです。

法律を適用しても、妻の離婚したい気持ちを変えさせたり、関係を修復させたりすることはできません。

ひかる
ひかる

法律論をかざしても、妻の気持ちは何も動かないどころかむしろ反感を買います。

※ 夫婦関係修復に関する相談先の詳細は「妻と離婚したくないときの相談は誰に?【相談OKな人物とダメな人物】」で取り上げています。

※ 離婚に近づく絶対NG言動の詳細は「夫婦関係修復でやってはいけない17の言動【妻との修復ポイントは5つ】」で取り上げています。

離婚したくないなら自ら進んで別居を選ばない

黒板のイラスト画像と「離婚したくない場合は別居を避けるべき9の理由」の文字

妻と離婚したくないなら別居は原則的に避けるべき理由や、別居をせずに夫婦関係を修復する方法などを取り上げました。

妻と離れて暮らせばあなたの変化を彼女に伝えられないため、自分から進んで別居を選んではいけません。別居の実施は妻が何度も求めきたときだけです。

離婚回避の基本は、妻の心に寄り添い続けながら、関係修復に必要な行動をとり続けることです。

妻との離婚を回避させる最善の方法

妻から離婚を求められているあなたは、次のような悩みや考えがあるのではないでしょうか。

  • 妻とは絶対に離婚はしたくない
  • 何をしても妻は許してくれない
  • どうすれば離婚を考え直しくれるかわからない
  • 調停になったが、それでも離婚を回避したい
  • 離婚を回避するための確かな方法が知りたい

私も妻から離婚を求められましたが、何をすればいいかわらず絶望の淵にいました。そんなとき妻との離婚を回避するために、最善だと信じられる方法を知れたことで、今も夫婦を続けられています。

あなたが妻との離婚回避に関して悩んでいるのなら、私が取り入れた離婚回避の方法は、きっと参考になると思います。詳しくは下のリンクから確認ください。

≫ 妻との離婚を回避させる最善の方法 ≪