妻との離婚危機を回避し、家族が笑顔で暮らす日々を取り戻す最善の方法

【PR】 本ブログの記事には広告を含む場合があります。

妻との離婚危機を回避し、家族が笑顔で暮らす日々を取り戻す最善の方法
  • 妻から予期せぬ離婚を切り出された
  • 突然、妻が子どもを連れ実家に帰った
  • 離婚調停を申し立てられた
  • 妻からまったく話かけてこなくなった

あなたは妻と離婚危機の状態だが絶対に離婚したくない。でも何を言っても妻は離婚の一点ばりであるため、何とか手を打たなければと感じているでしょう。

だからといって闇雲な行動は妻のさらなる失望を招くため、離婚を確定させてしまいます。

私もあなたと同じく、妻から離婚を求められときは絶望しかありませんでした。しかしここでお伝えする内容を実践したことにより、妻との離婚を回避できました。

ここでは私が妻との離婚を回避できた要因と、成功させるために特に重要であるポイントをお伝えします。

離婚危機に瀕した多くの男性は間違った行動をする

両手で額を覆い、深く悩む男性の画像

私は妻から離婚を求められたとき、「僕の悪いところは直すから、離婚を考え直してくれ」と懇願するしかありませんでした。具体的な対処がわからず、ひとりで悩んでいました。

私のように何も動けなくなる人もいれば、「今すぐ何とかしないと離婚になる」と強い焦燥感に駆られ闇雲に行動する人もいます。闇雲な行動は、妻の心をますます遠ざける可能性が非常に高いでしょう。

例えば、「俺と離婚すれば生活に困るよ」「子どもから父親を奪っていいのか?」など、妻の強い反発を買う言葉を言いがちです。

冷静さを失い取り返しのつかない行動をする

状況をさらに悪くし、追い詰められた夫は普段なら絶対にとらない次のような行動を犯すことがあります。

  • 妻の職場に待ち伏せして無理やりに会う
  • 復縁を求める膨大な数のLINEなどを送る
  • 妻に離婚を考え直させるために暴力を振るう
  • 親族などまわりに妻が悪いと言いふらす

離婚を求められるほど夫への信頼は下がっているのに、さらに傷つけられる行為をされた妻は、迷わず離婚を確定させるでしょう。

ひかる
ひかる

離婚を焦って闇雲に行動することは、離婚へ向かってアクセルを踏み続けるのと一緒です。

問題から逃げていても離婚は確定する

焦って行動するのはNGだからといって、問題から逃げ続けて放置するのも絶対にしてはいけません。

妻は離婚を求めるほど夫に苦しめ続けられたうえに、放置までされることで次のように思うからです。

「私の存在は夫にとって何なの…」

離婚を回避させるための行動を一切しない夫に、妻は失望と強い怒りを覚える結果、離婚を確定させます。

弁護士に相談するのは逆効果になる

妻との離婚回避について弁護士に相談するのは、一見は適切な対処に思えますが、逆効果になる可能性が高いでしょう。弁護士はあくまで法律のプロであって、夫婦関係修復については専門外だからです。

例えば、弁護士に妻との離婚回避をお願いすれば、次のような無気質な通知が妻に届きます。

(妻)殿と当方依頼者の婚姻関係は、未だは単に至っているとは言い難く、したがって当方依頼者は、(妻)殿による離婚の申し入れに応じることはできません。

離婚を決意した妻の心情を全無視した事務的な通知書といえます。それを見た妻の心は何ひとつ動かないどころか、自分で対応しようとしない夫に失望し、離婚を確定させるでしょう。

ひかる
ひかる

弁護士の力が必要になるのは、あくまで離婚が決まった後のことです。

離婚回避するには女性の目線に立った行動が必要

女性が何かを見つめている画像

あなたはこの記事にたどり着くまでに、離婚回避に関する色んなサイトやブログを見てきたことでしょう。私も当時、たくさんの情報を見ました。

Yahoo!知恵袋などのQ&Aコミュニティサイトで「妻との離婚を回避できる可能性について」の投稿を見ては落胆していました。妻の考えは変わらない、というリアルな女性の回答ばかりだったからです。

私は絶望しながらも、妻や子どもと一緒に過ごす生活を絶対に諦められなかったので、離婚回避に関する情報を調べ続けました。しかしどれも具体的ではなく、腑に落ちない内容ばかりでした。

妻との離婚回避の道が閉ざされそうになったとき、ゆりさんという男性の離婚回避に特化した専門家を知りました。

離婚回避するための必須の取り組みとは

心理カウンセラーのゆりさんは、心理学の観点から情報を踏まえて、「女性の心の動きを知る」ことを重視。離婚危機に苦しむ多くの男性に対して徹底的な女性目線でアドバイスし、離婚回避へ導いてきました。

ゆりさんは離婚回避を失敗しないためには、次の2つが必要だと述べています。

「妻の気持ちを理解する」
「自分自身を大きく変える」

この2つ実行するに必要なのが「女性目線に立つ」こと他なりません。妻の気持ちを理解するのも、自分を変える努力もすべて妻の気持ちがわからなければ失敗するからです。

あなたの妻があなたの何に悩み苦しみ、それに対して何を求めたのか? どれだけ我慢をして最終的に離婚を選択したのか? あなたは妻の心情を理解できなければ、離婚回避の可能性は絶たれます。

私が女性の目線や心理を理解し、妻との離婚回避に向けて適切な行動をとるために参考にしたのが次のものです。

≫ 女性が書いた男性のための離婚回避マニュアル

このマニュアルは先ほど紹介した、ゆりさんが作成されました。私はこのマニュアルに沿って行動した結果、妻との離婚危機を回避できました。

離婚を回避したい男性に特化しているから効果的

「POINT」と書かれた小さめのホワイトボートを両手で持っている画像

ゆりさんは離婚危機に瀕している男性を対象としたカウンセリングに特化しているため、深い専門性と実績があります。

よって妻との離婚回避、および関係を修復するための多くのポイントをわかっています。言い換えれば、このマニュアルには妻らの離婚請求を回避するために必要な知識が網羅されているのです。

一般的な夫婦間カウンセラーは専門性が落ちる

ゆりさん以外にも、離婚回避や夫婦関係修復に関する書籍やマニュアルを出している夫婦カウンセラーはいます。

しかし、その他夫婦カウンセラーは関係修復も離婚も業務の対象としているため、ゆりさんと比べて専門性は落ちます。

また実際のカウンセリングにおいては、夫婦双方の視点からアドバイスしているため、抽象的な内容が書かれていることが多いです。

ひかる
ひかる

さらに著者が男性のカウンセラーだと、どうしても男性目線で書いているため、あまり参考にはなりません。

「男性に向けての離婚回避に特化 or 男性も女性も対象にしている。」どちらが成功率は高まるかは言うまでもありません。

手紙で真摯な想いを妻に伝える

女性が書いた男性のための離婚回避マニュアルには、「妻への手紙サンプル」が特典で付いてきます。妻の離婚への決意を揺るがすのにもっとも有効な手段は、手紙であなたの妻に対する真摯な想いを伝えることです。

妻の心に寄り添い、あなた自身が生まれ変わる決意が伝わる内容なら、妻は離婚をいったん保留してくれるでしょう。

しかし離婚を迫られている多くの男性は、妻の心が理解できない内容を書き連ねます。結果、妻の強い反発を買い、離婚を決定づけるのです。

ポイントを押されば妻へ正しく想いを伝えられる

「妻への手紙サンプル」の解説にあるポイントを押さえて書くだけで、あなたの妻の心に正しく寄り添える手紙ができます。手紙を読んだ妻は夫の変化を感じ、心を少しずつ開けるでしょう。

義両親にも手紙で謝罪や誠意を伝える

「妻への手紙サンプル」の他に「義両親への手紙サンプル」も特典でついています。

義両親はあなたに対して怒りや不信感でいっぱいですので、義両親に対しても謝罪するのは当然のことです。

義両親の手紙サンプルのポイントに沿って手紙を書くだけで、あなたの心からの反省や誠意が義両親に伝わります。結果、義両親から娘(妻)へあなたとの離婚を考え直すように促してもらえるでしょう。

以上のように、ゆりさんのマニュアルに沿って行動することで離婚危機を脱し、妻と関係修復できる可能性が大幅に向上します。

少なくとも、離婚を決定づけるようなNG行動は避けられるため、離婚回避の可能性が直ちにゼロになるリスクを回避できます。

離婚回避に残された時間は確実に減っている

影状のすれ違う夫婦のイメージイラスト

妻があなたから心が遠くに離れている、または実際に離婚危機に瀕しているならば、離婚回避への適切な行動を直ちにとりましょう。

妻の心が決まってしまえば、もはや何をしても手遅れとなるからです。時間は常に流れていて、あなたの離婚回避に残された時間は刻一刻と減り続けています。

だからといって、妻の気持ちを理解せずに焦って行動すれば妻の心をさらに傷つけるため、離婚は避けられなくなります。

妻と子どもと過ごす日常を諦められなかった

離婚の行きつく果ては、ひとりぼっちの孤独な人生です。加えて、かけがえのない愛すべき子どもにも二度と会えなくなる可能性もあります。

私は愛する妻がいない、子どもの成長をそばで見られなくなる人生は絶対に嫌だったので、離婚回避に最善だと信じる道を選びました。結果、今も妻と子どもと一緒にいる幸せな生活を過ごせています。

未来はあなたの手で変えられる

あなたが妻の気持ちを理解し、自らを変える努力をし続ければ、彼女はもう一度あなたと歩む日々を選んでくれます。

妻と子どもたちと過ごす笑顔があふれる未来を取り戻せるかは、すべてはあなた次第です。

過去は変えられませんが、未来と自分は必ず変えられます。今すぐ新しい未来に向かっての行動をとってください。