離婚回避は受け入れることの正しい仕方と復縁のポイントを解説【説得はNG】

【PR】 本ブログの記事には広告を含む場合があります。

離婚回避は受け入れることの正しい仕方と復縁のポイントを解説【説得はNG】
  • 「離婚回避は受け入れること」という言葉を聞くが、何を受け入れればいいかわからない。
  • 妻や子供たちとずっと一緒に居たいから、妻の離婚請求は受け入れられない。
  • 離婚以外の求めを受け入れることで、妻との離婚回避は本当にできるのか?

「離婚回避は受け入れること」は正しい対処です。しかし受け入れることに対する考えや姿勢が間違っていれば、妻と子ども達は実際にあなたの元からいなくなります。

ここでは妻からの離婚に関して正しい受け入れ方などを解説。この記事を読めば、妻の心に正しく寄り添えるため、離婚を回避できる可能性が高まります。

実際に私も妻から強く離婚を求められましたが、ここでお伝えしている正しい受け入れ方ができたため、離婚を回避し復縁できました。

離婚危機に陥っている原因はあなたである

手で顔を覆い悩んでいるスーツ姿の男性と「妻の変化に気づけなかった」などの文字

今あなたは妻から離婚を求められたことで強くショックを受ける同時に、ひどく困惑しているでしょう。

「離婚を求められている理由がまったくわからない…」または理由がわかっていても「それでなぜ離婚なのかわからない」とパニックになっているかもしれません。

でも、そんなあなただからこそ離婚を求められているのです。離婚を求められている原因は間違いなくあなたです。

妻に離婚を決意させるほど傷ついた心。それにまったく気づけなかったあなたは夫として失格であり、妻に苦痛だけを与える存在になっている現実を受けとめましょう。

ひかる
ひかる

妻にとって今のあなたは夫としての存在価値がないと理解し認めたうえで、具体的な原因としっかり向き合うことです。

妻と離婚したくない理由は何ですか

離婚したくない理由の図解

もしあなたが次のような理由で妻との離婚を回避したいのなら、諦めるべきでしょう。

  • 世間体があるから
  • 慰謝料を払いたくないから
  • 離婚はプライドが許さないから

これらの理由なら離婚した方がお互い幸せです。愛情や信頼がない夫婦に明るい未来はないからです。

仮にしばらくは離婚回避できたとしても、妻はいつかあなたの元をきっと離れるでしょう。

子どもと離れたくない理由はNG

「離婚して子どもに寂しい思いをさせたくないし、自分も離れたくないから別れたくない」という理由は決して間違ってはいません。

父親とすれば、離婚で子供に迷惑をかけたくないと思うのは当然でしょう。実際に子どもを一番の理由とする男性も多いです。

しかし妻に対して、子供と離れたくないことを盾に離婚を回避しようとしてはいけません。

妻はあなた以上に、子どものことを悩み抜いた上での決断だからです。

父親がいない方が子どものためだと決断

妻はあなたとこの先に一緒にいても、夫婦の絆は取り戻せないから不仲な状態が続くと思っています。冷めきった両親の元で育つ子どもに与える悪影響は大きいと判断し、離婚を決断したのです。

もしあなたが何度も浮気や悪質なモラハラを妻にしてきたのなら、子どもの父親として不適格と思っているでしょう。信頼できない人物が子どもの父親でいるより、いない方がずっと子どものためと考えているのです。

ひかる
ひかる

父親は子供には不要との決断は、妻の怒っている理由にずっと気づけなかった結果です。

あなたもその事実を受けとめ、子どもを盾にして離婚を拒むのは絶対にやめましょう。

妻を愛しているならあなたは変われる

あなたの離婚したくない理由が、「妻を心から愛しているから」であれば、離婚を回避できる可能性はあります。

妻を愛しているのなら、あなた自身を変える努力を懸命にできるからです。

過去のあなたの言動は塗り変えられないため、自身の過ちは一生消せません。しかし未来はあなたが変われば変えることができます。妻が100%離婚を決断していないなら、すべてはこの先のあなたの行動にあるのです。

ひかる
ひかる

妻のあなたに対する痛みや怒りに真摯かつ謙虚に向き合い、自分自身が変わる努力すれば、離婚回避は十分に可能です。

妻の離婚したい気持ちをすべて受け入れる

正しい気持ちの受け入れ方

離婚を回避するためには、まずは妻に心を開いてもらわないといけません。しかし離婚を決意した妻は扉を閉ざしているため、心を開いてもらうのは難しいです。

妻の心を開かせるのに必要なのは、彼女の心の声に耳を傾け、寄り添い続けることです。妻と話し合いができる状態なら心を開かせる絶好の機会でしょう。

ひかる
ひかる

離婚危機を脱するためにもっとも大事なのは、自分の過ちを素直に認めて、妻としっかり向き合うことです。

妻の離婚したい理由を知る必要性

妻があなたと離婚したい理由をしっかり知る必要があります。理由がわからないと対処ができないからです。

離婚したい理由はあなたの未熟な部分で、妻を傷つけてきた部分です。理由を謙虚に受け止め、もう二度と妻を悲しませないように改善していく必要があります。

多くの不満が積もった結果が今

仮に浮気で離婚危機に陥っていても、他にも妻を傷つけていた部分はあるはずです。妻のあなたに対する不満をできるだけ多く聞き取るようにしましょう。

実際に私も妻から自分に対する不満を多く告げられ、自分のせいでどれだけ妻を苦しめてきたかを知りました。妻からの不満を聞けたからこそ未熟な自分を変えることができたのです。

妻の言葉を傾聴する

妻の心を開かせるには傾聴の姿勢を貫きましょう。傾聴とは、「耳」「目」「心」を傾けて真摯な姿勢で相手の話を聴くことを示します。

傾聴する際のポイントをアメリカの心理学者カール・ロジャーズは次のように提唱しています。

相手に共感しながら聴き、話を善悪の評価を入れずに、相手の話を否定せずに聴くことです。

加えて、なぜそのように考えるようになったか、その背景に肯定的な関心を持ちましょう。精神的な傾聴することで相手は安心して話ができます。

理解と共感を示すこと

あなたは「離婚することに同意も肯定もできるわけがない!」と思ったでしょう。当然の反応だといえます。しかし妻が離婚したい理由に理解や共感はできるはずです。

私も妻の離婚したい理由に対し「君が言う通り。こんな男とは離婚したい気持ちはよくわかる。すべて俺が悪い」と何度も伝えました。次第に妻の態度も落ち着きだしました。

反論は一切いらない

妻の話すことに反論は要りません。あなたが反論すれば開きかけていた妻の心が閉ざされるからです。

人は誰かと会話をしているとき、相手を説得したいという衝動によく駆られます。相手の話の途中で自分の経験則から反論や持論を述べてしまうのです。

ひかる
ひかる

離婚を回避したいのなら、反論などはせずに妻の言葉に共感しながら聴き続けることを肝に銘じましょう。

※ 離婚回避の話し合いの詳細は「離婚回避に繋げる話し合いのポイントを解説【妻に届く3つの言葉】」で取り上げています。

手紙を書いて妻の心にぐっと寄り添おう

男性が手紙を書いている姿と「手書きの手紙があなたの気持ちを妻に届けられる一番の有効な手段」の文字

妻の心の声を傾聴した後は、手紙であなたの妻に対する想いを伝えましょう。あなたの誠意が伝わりやすく、妻の硬直した心が和らぐからです。

もしかすると「手紙ではなくLINEで伝えていいのでは」と思ったかもしれません。でも無機質な液晶画面で自分の想いを伝えるより、手紙のほうが絶対に妻の心に届きます。

あなたはこれまでに妻へ手紙を書いた経験はないか、あっても1.2度だけではないでしょうか。だからこそ手書きで綴った手紙は、妻にとって特別なものになるのです。

ひかる
ひかる

しかし不用意な手紙は妻の反感を買い、離婚の決意を固める事態になりかねないのため注意が必要です。

手紙を書く際の4つのポイント

妻の心にしっかり届く手紙は次の通りです。

  • 心を込めて手書きで書く
  • 謝罪ばかりを並べない
  • 妻を肯定し感謝を伝える
  • 妻が望む未来を提示する

これらのなかでも特に重要なのは、「妻を肯定し感謝を伝える」「妻が望む未来を提示する」です。

妻に離婚を突き付けられた今、妻があなたにどれだけ尽くしてきたかのありがたみが痛いほどわかったはずです。その気持ちをしっかり伝えましょう。

妻の心を傾聴した後なら、妻が夫に何を望んでいたかわかりましたよね。この先、あなたはどのような夫・父親になるかを具体的に伝えてください。

妻との関係修復に関する手紙の詳細は「妻が離婚を一旦考え直す手紙のポイント徹底解説【夫婦関係修復へ繋げる】」で取り上げています。

なお妻と関係修復するためには、義両親へも謝罪などの手紙を送ることをオススメします。詳細は「妻の両親(義両親)への謝罪の仕方【手紙や実家に行く場合のポイント】」で取り上げています。

間違った離婚回避の仕方

レッドカードを出している姿と「離婚に向けてアクセルを踏む4つのNG言動」の文字

間違った離婚の回避についても取り上げます。次の言動をすれば、妻との離婚は決定的になる可能性が高いです。

個別に内容をお伝えします。

離婚は間違っていると説得する

離婚が決定的にする間違った対処の代表格は「子ども」と「経済的な不安」を理由にして、離婚を回避しようとすることです。子どもとお金をカードにするのは、夫・父親として以前に人として間違っています。

子どもを理由に離婚の回避を試みるのは「子どもと離れたくない理由はNG」の欄でお伝えした通りです。不仲な両親を見せ続けるほうが、子どもの人格形成に悪いと妻は判断しています。

ひかる
ひかる

あなたに離婚を求める時点にて、母親ひとりで子どもを育てる覚悟はできているため妻には何も響きません。

経済的な不安は養育費や財産分与などでカバーできる

「離婚後どうやって生活していくの」「専業主婦だったから就職は難しいぞ」など、経済的不安を理由に離婚回避を説得してはいけません。妻がもっとも怒りを覚える説得の仕方です。

妻は離婚すれば経済的に苦しくなるのはわかっています。それでも夫がいない生活のほうが幸せだと判断したのです。

妻や子供の離婚後の生活について他人事に思っているかもしれませんが、あなたは子どもの養育費を払う義務があります。他にも妻はあなたに対して財産分与や、離婚原因が浮気などの場合は慰謝料も求めることもできるのです。

養育費や財産分与などのお金があれば、離婚後は当面生活できるし生活基盤を整えられます。経済的な不安を煽っても妻の強い怒りしか買いません。

妻にすがり続ける

妻に対して謝罪の気持ちを一方的に押しつけるのは間違っています。すがり続ける夫を見た妻は強い嫌悪感しか覚えません。そもそも離婚を決意するほど夫を嫌っているのに、謝罪されても何も感じないからです。

離婚を告げられ焦るのは仕方ありませんが今は冷静になりましょう。今は妻の傷ついた心に寄り添い、自分が変わる決意を伝えるしかありません。

何も対処せずに放置する

今あなたは妻とまともに会話できない、目も合わせてくれない状況になっていませんか。非常に重苦しくいたたまれない気分でしょうが、黙って落ち込んでいても状況は悪くなるばかりです。

妻はあなたに離婚したいと思わせるほど傷つけられたうえ、放置もされていることで負の感情がさらに強くなります。「私の存在は夫にとって何なの」…という自己否定の気持ちでいっぱいです。

放置状態が続くほど妻の気持ちは頑なになり離婚を確定させます。

ひかる
ひかる

離婚を回避したいのなら、直ちに行動に移さないと取り返しのつかない事態になるでしょう。

自己弁護に走る

妻から離婚したい理由を告げられた際は自己弁護に走ってはいけません。自己弁護されても妻は何も感じないどころか身勝手すぎる言い訳だと思うからです。

例えば、浮気した原因として「セックスを断り続けられたから」という言い訳をする男性は多いです。だからといって浮気をしていい理由にはなりません。悪いのは浮気に逃げた本人だけです。

人は何か失敗したときは自己弁護をしがちになります。離婚危機においてもよくある話なので、自己弁護をしないように注意しましょう。

※ 妻との関係修復でやってはいけないことの詳細は「夫婦関係修復でやってはいけない17の言動【妻との修復ポイントは5つ】」で取り上げています。

離婚保留後からの妻との修復ポイント

ワンポイントのイメージ画像と「家事育児を率先して行う」などの文字

妻の心の声に耳を傾けて寄り添い続け、あなたが変わる決意が妻に伝われば、一旦は離婚危機を脱することができます。しかしあくまで保留の状態であり、実際にあなたが変わる行動をしっかり起こさないと次こそ離婚となります。

離婚保留状態の妻にあなたと復縁したいと思ってもらうには、次のようなことを確信してもらう必要があります。

「今の夫なら私と子どもたちは幸せになれる」

あなたが妻に離婚したい理由を告げられたところを改善するのは当然です。プラスして以下のことをしっかり行いましょう。

家事育児を率先して行う

今まで自分の都合だけで自由に過ごしてきました。家事育児は妻だけの役割ではなく、あなたも率先して行う必要があります。手伝うのではなく主体的に行ってください。

これまで家事育児を妻に任せきりだったのなら、おそらく失敗するでしょう。そのとき妻に「そんなこともできないの? 仕事増やさないでよ!」と冷たく言われるかもしれません。

ひかる
ひかる

妻に呆れられても笑顔でひたむきに頑張り続ければ、妻の心にきっと届くでしょう。

心から感謝の言葉を伝える

感謝の心を持ち実際に言葉で伝えましょう。離婚を求められる男性は妻に感謝の言葉を伝えられていません。「言わなくても伝わっている」は大間違いであって、だからこそ離婚の危機に陥っているのです。

交際時や新婚の当初は、妻に対して「ありがとう」の言葉をたくさん伝えていませんでしたか。それが段々とやってもらうのが当たり前になった結果、「言わなくてもわかる」という傲慢な考えを持つようになったのです。

何をしても夫に感謝されない妻は「私はあなたの母親でもなければ家政婦でもない!」と不満に思っています。

感謝は言葉に出さないと伝わりません。妻に「ありがとう」という当たり前の言葉を常に出しましょう。

家族へ積極的に関わる

休日のあなたは家族との時間をたくさん過ごしていますか。仕事で疲れたといって家でダラダラする、自分の遊びばかりを優先しているのなら直ちに改めましょう。

夫は自分の都合でしか動かない、家族でいる意味がないと妻は思うからです。

家族みんなで遊びに行ったり、義両親の家に顔を出したりなど、家族が共有できる思い出をたくさん作りましょう。あなたが積極的に家族に関わることで、妻は「夫は私や子どもに必要不可欠な存在」と思うようになります。

※ 妻との関係修復に関する詳細は「妻との関係修復のやり方を徹底解説【5つのポイントで夫婦の絆を取り戻す】」で取り上げています。

離婚回避に関する適切な相談先

専門家に相談しているイメージと「そうd七位手を間違えれば離婚へ進む」の文字

離婚回避に関して相談したいのなら、実際に離婚回避を成功した人に相談するのがもっとも適切です。離婚回避できた経験は何よりも役立ちますので、成功者の思考を学び実践するのが一番の方法でしょう。

もしあなたの身近に離婚回避の成功者がいるのなら絶好のチャンスですよ。

身近に離婚回避した成功者がいないなら、次はカウンセラーがいいでしょう。夫婦関係を修復するためのヒントを知っています。ただし夫婦関係の修復に特化したカウンセラーは少なく、料金が高めなのがネックです。

離婚回避の成功者もカウンセラーもあくまで補助的な存在となります。何よりも大切なのはここでお伝えした内容を実践すること、つまりあなた自身が変わることです。

相談先として弁護士は不適切

離婚回避に関する相談先として次の3つはNGです。

  • 友人
  • あなたの家族
  • 弁護士

弁護士について特筆します。弁護士は法律の専門家であって、夫婦関係の修復の専門家ではないため、相談先として不適切です。

ひかる
ひかる

夫婦関係の修復は法律を適用して解決できるほど単純ではありません。

また弁護士に相談しているのを妻に知られれば、夫が離婚に向けて動いていると勘違いされます。結果、妻も弁護士を雇うので離婚は決定的です。

※ 離婚回避の相談先に関する詳細は「妻と離婚したくないときの相談は誰に?【相談OKな人物とダメな人物】」で取り上げています。

離婚回避は妻の心の声を受け入れ自身を変えること

黒板のイラストに「離婚回避は受け入れることの正しい仕方」などの文字

「離婚回避は受け入れること」をテーマとして取り上げました。

妻を心から愛しているなら離婚回避のための行動を今すぐ起こしましょう。

妻の離婚したい気持ちをすべて受け入れることです。離婚することに肯定や同意はできませんが、離婚したい気持ちに理解や共感はできます。妻の傷ついた心に寄り添い続ければ、一旦は離婚を回避できます。

一旦の離婚回避から復縁するには、あなた自身が変わることが何よりも大事です。その努力を続ければ、夫婦は固い絆で結ばれます。

関連記事

離婚回避するための方法と成功事例を紹介しています。

≫ 離婚回避できた方法と成功事例を解説【失敗した悪い事例からも学ぶ】

妻との離婚を回避させる最善の方法

妻から離婚を求められているあなたは、次のような悩みや考えがあるのではないでしょうか。

  • 妻とは絶対に離婚はしたくない
  • 何をしても妻は許してくれない
  • どうすれば離婚を考え直しくれるかわからない
  • 調停になったが、それでも離婚を回避したい
  • 離婚を回避するための確かな方法が知りたい

私も妻から離婚を求められましたが、何をすればいいかわらず絶望の淵にいました。そんなとき妻との離婚を回避するために、最善だと信じられる方法を知れたことで、今も夫婦を続けられています。

あなたが妻との離婚回避に関して悩んでいるのなら、私が取り入れた離婚回避の方法は、きっと参考になると思います。詳しくは下のリンクから確認ください。

≫ 妻との離婚を回避させる最善の方法 ≪